MENU

【70歳からの軽やかな暮らし】を読んで、叶えるために必要なこと

当ページのリンクには広告が含まれています。

HSP専業主婦あおこんです。

ここ最近体調が良くなくて、思いきって身体を休める方向に舵を切っていました。助けを借りながら少しずつ日常に戻っていってる途中です。

自分にも、ちゃんと回復時間をあげないとね。

目次

読書の時間

「老眼」と数年戦っていたけれど。新しいアイテムを手に入れたので、スマホは少しお休みして、本を読んで過ごしていました。

ずっと読みたかった石黒智子さんの「70歳からの軽やかな暮らし」を、やっと読めたのが嬉しかった。

身軽に暮らす工夫が変わらず素敵で、少し先を生きる方の考え方など参考になります。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

心をくすぐるワード

「暮らし」や「インテリア」の本を読むのが小さな頃から大好き。心が惹かれるワードが入ってると、つい手に取ってしまう。

  • シンプル
  • ミニマム
  • 小さな
  • 軽やか
  • スッキリ

こういうワードを好むところが、いかに身軽に生きたいのか表れていますねまだまだ軽やかな自分には、ほど遠いですが。

人生の後半戦のテーマは、感情もモノも「余計な荷物は下ろしていくこと。」

HSPにとっては特に、重要なキーワードだと思っています。

軽やかな暮らしを叶えるには

「軽やか」の定義も人それぞれです。

私が思う軽やかな暮らしは「片付けや捨て活」「いらない感情の整理」「とことん自分と向き合って、自分を知ること」などを経て

「1人でも感じられる幸せな時間を持つ」ことが

あおこん

軽やかな暮らしを叶える為に必要だと思う。

家族や友達、職場などそれ以外も、たくさんの方との関わりの中で、毎日はできていて。

人は完全に、1人きりで生きているわけではありません。でもその中に、1人でも感じられる幸せがあると、強く軽やかに暮らせるんじゃないかな。

誰かに依存したり、期待したりしない。ご機嫌も不機嫌も、自分で完結できるようになることが必要です。

休むのも大事な時間の一部

まだまだ、私はその領域には達していないことが、体調不良で良く分かりました。

そもそもの発端は夫が、またしても仕事を辞めそうな気配がしたから。よみがえるあの記憶……

もう嫌だ、耐えられない、支えるのに疲れた。私の不安な気持ちが招いた結果。

今も事態は特に変わってはいないけど、少なくとも自分の気持ちは整理することができたから

あおこん

体調不良のこの時間も、必要だったんだと感じます。

70歳になるまでに「軽やかな暮らし」が叶うよう過ごしていきたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次